宗教映画を語るスレ


▼ページ最下部
※省略されてます すべて表示...
006 2012/05/09(水) 12:55:40 ID:wM.i7dY9CU
ザ・メッセージ

神のお告げ、神託」の意味。
(西アジアにおける、偶像崇拝を祈祷方式とする多神教に対し、
ユダヤ教、異端キリスト教、ゾロアスター教などが
流入して一神教信仰への気運が高まった頃の)
サウジアラビアのメッカにおいて、
妻ハディーシャのもとで商業(一説では羊飼?)に従事していた
クライシュ族出身のムハンマド(マホメット)が
40歳の頃(西暦610年)ヒラー山中の洞窟で(天使ガブリエル
の声を通じ)神の啓示を受けて唯一絶対神アッラー信仰(イスラム教)を
創始する。
 偶像崇拝の否定と平等主義の主張から、クライシュ族(メッカの
商業貴族)の迫害をうけて、622年(イスラム紀元、元年)に
ヤスリブ(メディナ)に脱出、移住。そこで二つの部族の対立を
調停し、イスラム共同体を形成。630年にはクライシュ族を
降伏させメッカに戻り、(アラビア半島全域に)イスラム帝国を築く。
632年ムハンマド(マホメット)はその使命を果たし生涯を閉じる。
***あくまでムハンマド(マホメット)の伝記映画だが、イスラム教
側からキリスト教へのメッセージともなっており、このふたつの
宗教が、相反するものではないというシーンも強調されている。
イスラム教の信仰(「偶像崇拝につながる恐れ」)上の配慮から、
終始ムハンマド(マホメット)は
画面に登場しなく一般的伝記映画とは異なる作風ではあるが
、当時のアラビア半島の自然をはじめ、
人々の生活の様子や宗教事情、イスラムの考え方などが
具体的に示されていて、興味を引くシーンも多い。
***この映画はイスラム教の識者、歴史家、シーア派の首脳部などに
「史実に忠実」というお墨付きをもらっているらしく、更には
カダフィ大佐率いるリビア軍の全面的支援で撮影され、イスラム教と
それをバックアップする多くの人々とオイルマネー(約50億?)に
よって出来た映画らしい。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:18 KB 有効レス数:54 削除レス数:





映画掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

スレッドタイトル:宗教映画を語るスレ

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)