チリの闘い


▼ページ最下部
001 2017/01/17(火) 22:07:36 ID:ifKddSADVY
東西冷戦期の1970年、チリでは選挙によって成立した世界初の社会主義政権が誕生し、サルバドール・アジェンデが大統領に就任した。「反帝国主義」「平和革命」を掲げて世界的な注目を集め、民衆の支持を得ていたが、その改革政策は国内の保守層、多国籍企業、そしてアメリカ合衆国政府との間に激しい軋轢を生み、チリの社会・経済は混乱に至る。1973年9月11日、陸軍のアウグスト・ピノチェト将軍ら軍部が米国CIAの支援を受け、軍事クーデターを起こす。
以後、チリはピノチェトを中心とした軍事独裁政権下に置かれた。
パトリシオ・グスマンは、このチリにおける政治的緊張と社会主義政権の終焉を撮影・記録。クーデターの後、グスマンは逮捕・監禁されるも処刑の難を逃れ、フランスに亡命。撮影されたフィルムも奇跡的に国外に持ち出され、映画監督クリス・マルケルやキューバ映画芸術産業庁(ICAIC)の支援を得て、「史上最高のドキュメンタリー映画」とも言われる破格の作品を完成させた。

http://www.youtube.com/watch?v=6IutHxQ0GqU

返信する

002 2017/01/17(火) 22:12:57 ID:TbZi869zT.
ミッシングぅううう

返信する

003 2017/04/14(金) 16:51:17 ID:q.n40jNC0w
[YouTubeで再生]
アジェンデ 最後の演説

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:1 KB 有効レス数:3 削除レス数:





映画掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:チリの闘い

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)