母 小林多喜二の物語


▼ページ最下部
001 2017/06/07(水) 14:44:05 ID:PiIMgfk4yU
貧しい家の娘に生まれたセキは、15歳で小林家に嫁ぎ、三男三女を生み育てた。銀行に就職し、その軸足を労働運動と執筆活動へと移していった多喜二の書いた小説は危険思想とみなされ、治安維持法下で特高警察の拷問により29歳の若さで亡くなってしまう。そんな多喜二とイエス・キリストの死を重ね合わせ、先立ってしまった息子を信じ続ける母親の姿が描かれる。

http://www.youtube.com/watch?v=fHxKPRxHqXs

返信する

002 2017/06/07(水) 15:24:15 ID:nvfc8JC/KM
“蟹甲癬” が面白かったなぁ・・・

返信する

003 2017/06/07(水) 16:10:05 ID:wIlhNmUHfQ
ちょっと気になるね

返信する

004 2017/06/07(水) 16:29:13 ID:???
福田和子はええ演技するね

返信する

005 2017/06/07(水) 18:12:57 ID:CrJc2g34go
とれとれ ぴちぴち 蟹工船♪

返信する

006 2017/06/07(水) 19:45:46 ID:OONl6TmO/U
>>2
節子、それ多喜二やない。ツツイや。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:1 KB 有効レス数:6 削除レス数:





映画掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:母 小林多喜二の物語

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)