その映画を見ずとも内容とオチだけ知りたい人用


▼ページ最下部
001 2018/11/13(火) 11:52:08 ID:r.eb3cR5IU
新作のネタバレはお控えください。

返信する

003 2018/11/13(火) 12:35:06 ID:r.eb3cR5IU
>>2
猿の惑星・続、猿の惑星

六万光年先の惑星探査に出た有人飛行のチームがマシントラブルで偶然不時着(その間に地球時間は150年〜300年経過)した惑星が
実は核戦争後の荒廃した地球だったというオチ。猿の祖先が生き残りである人類と交配し英知を獲得
独自の猿の文明を築くが核分離の副作用で覚醒してしまった人類の生き残り・地底人(サイオニクス)が再び
神の柱(密かに貯蔵していた核弾頭)で文明を破壊し終わる。

返信する

004 2018/11/13(火) 12:46:04 ID:w9fmgo2ghQ
「セブン」

六人カッコ良く殺してオレも死ぬっ、
でも実はオレ、若ハゲで悩んでたんだよね〜

返信する

005 2018/11/13(火) 12:49:03 ID:w9fmgo2ghQ
「12モンキーズ」

タイムマシーンに乗って、わざわざ小さい頃の自分の前で死ぬっ
だってマデリーンストウ、えぇ女やも〜ん

返信する

006 2018/11/13(火) 13:15:08 ID:X1KQWafLPY
「シックスセンス」

あ、そういえば俺死んでたんだ。

返信する

007 2018/11/13(火) 15:16:13 ID:SNsgqBpr52
「ロッキー」ロッキー強いわぁ
「ロッキー2」ロッキー強いわぁ
「ロッキー3」ロッキー強いわぁ
「ロッキー4」ロッキー強いわぁ

返信する

008 2018/11/13(火) 20:00:28 ID:kYOTRGsONs
「宇宙兄弟」
兄弟で宇宙に行きましたあ。
え?死にかけた弟はどうしたかって?なんのこと?

返信する

009 2018/11/14(水) 05:14:43 ID:8IaqcYCPAk
「エイリアン」
やたらグロくてシュールなエイリアンが密室となった宇宙船内で
クルーをなぶりものにします。
シガニーウィーバーがシリーズを追って強くなるので、とにかく勝ちます。
HRギーガーって人が凄い事になります

返信する

010 2018/11/15(木) 17:32:17 ID:aVUL8Q7od2
関西では誰もが知っている映画解説者・浜村淳。

彼が映画を語るとき、独特の語り口で聞くものを魅了する。

たとえば彼は映画の登場人物すべてに大阪弁でしゃべらせる。
『ポセイドン・アドベンチャー』のジーン・ハックマンは「みんな、最後まで希望を捨てたらあかんで!」
「希望を捨てへんもんだけが、救われるんや!」と説教する。

もちろん実際に見た映画では、ジーン・ハックマンは英語でしゃべっていた。当たり前だけど。
当時、まだまだ青かった僕は「浜村淳の解説と、なんか違う…」と不思議がった。

返信する

011 2018/11/15(木) 17:40:14 ID:aVUL8Q7od2
しかし浜村淳がそこいらの映画評論家と一線を画しているのは、なんといっても「ストーリーを最初から最後まで話してしまう」
という彼独特の解説法である。
本来、映画解説とストーリー紹介は別物のはずだが、浜村淳の解説は、ストーリーをきちんと追って、最後の最後まで紹介してしまうのだ。

『ポセイドンアドベンチャー』でも、主人公が死んでしまったあとも、浜村は語ることをやめない。

「船底にようやくたどりついた一行。こんなとこに来たって、どうせ助からへんわ! 絶望する乗客達。けれど一人が励ました。
みんな、神父さんの言うたことを忘れたんか! 諦めたらアカン! 底板を叩いて開けるんや! みんなが船底をガンガン叩く。
ちょっと待て! 聞こえるか?気がつくと、外からもコンコンたたき返す音がしている。あっ、誰か外におるんや!助かるかもしれへん。
それ、がんばれ! するとバチバチバチっと音がして、船底が焼ききられた! やった、青空が見えた!」

「まぁ、どうなるの?」(無責任な女性アナウンサーの合いの手)

「さぁ、それからどうなるでしょう。あとは映画館でのお楽しみ!」

お楽しみも何も、そのあと映画は1分も残っていない。
船底が丸く切断され、乗客は助け出されて、めでたしめでたし、いきなりエンドクレジットが始まるのだ。

返信する

012 2018/11/15(木) 17:43:42 ID:aVUL8Q7od2
浜村淳の解説は、もちろんSF映画でも暴走する。

『スタートレック2・カーンの逆襲』の解説は、ハマジュン史上でも語り継がれる名解説だった。

まずハマジュン、「特撮シーンは全部、コンピュータ・CG・グラフィックスで製作!」とキメた。

これを聞いた当時の僕はすでにハマジュン歴十年のベテランだ。
「特撮にCGを使っているシーンもあるんだな」と冷静に受けとめることができた。

「コンピュータ・CG・グラフィックス」という、まるで「骨が折れて骨折した」みたいな表現も、一瞬、ヒクっと眉を動かす程度で乗り越えられた。
浜村淳・初段である。

返信する

013 2018/11/15(木) 18:20:10 ID:aVUL8Q7od2
さて、『スタートレック2』の解説をはじめたハマジュン、なんと「今回の映画では、ミスタースポックが死んでしまいます!」と、
ラストの秘密を最初からバラして、クライマックスの宇宙戦闘シーンまでテンション上がりっぱなし。

「来たか! それ! そっちや、撃て! ちゃう! 敵は上や! 下や! それ撃て、いま撃てスタースポック、フェーザー砲、フェーザー砲!
あかん、はずれた! また見えへん! 上や! 下や! ミスタースポック! フェーザー砲! フェーザー砲!」

4才の子供に、昨日テレビで見たポケモンの話を聞いているようなものだ。
何がどうなっているのやら、さっぱりわからない。
とにかく、そのシーンでは盛り上がったんだなぁ(浜村淳は)というのだけは、よ〜くわかった。

番組には、相方としてアナウンサーのお姉さんがいる。
しかしハマジュンは、この大熱演。口をはさむ余地などない。
当然、お姉さんの発言はすべて、おざなりな合いの手になる。

「しかし、ミスタースポックはその時すでに、死んでたんですわ」
「まぁ、たいへん」
「船員全員の涙に見送られて、惑星ジェネシスで永遠の眠りにつくミスタースポック」
「かわいそうやわぁ」
「しかし、惑星ジェネシスは既に再生が始まっている!」
「どないなるんやろ」
「このあとは、映画を見てのお楽しみ」

返信する

014 2018/11/15(木) 18:23:29 ID:aVUL8Q7od2
もう万事がこの調子。

『スターウォーズ』公開のときも、浜村節は絶好調だった。

「デススターを見事にやっつけたルーク達。一行は、実はお姫さまやったレイア姫から勲章をもらいます。
首に勲章をかけられニッコリ笑うルーク。『偉かったねぇ、ルーク。私、ちゃんとあんたの活躍、見てたんよ』(そんなセリフ、もちろん無い)
目を開けると、そこには、チューバッカがおる。C3POがおる。さぁ、それからどうなるか。続きは映画館でのお楽しみ!」

どうなると言われても、この直後にエンド・クレジットが始まるのだ。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:7 KB 有効レス数:13 削除レス数:1





映画掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:その映画を見ずとも内容とオチだけ知りたい人用

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)