ブレードランナー ファイナル・カット


▼ページ最下部
001 2019/08/25(日) 04:37:49 ID:wpiYmMarUc
配信期間 2019年8月25日(日) 00:00 〜 2019年11月2日(土) 23:59
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00597/v12722/

“SF映画の金字塔”“まさに別格と呼ぶべき、唯一のSF映画”スペクタクルなビジュアル、鮮烈なアクション、そしてその予言的な内容で
今なお絶大な支持を得ている『ブレードランナー』が、未公開シーンや特殊効果シーンを加えた監督リドリー・スコットの手による
真のファイナル・カットとして甦る。

http://www.youtube.com/watch?v=UNILYK8zIfg

返信する

002 2019/08/25(日) 07:59:03 ID:ljMdZnXR3w
未来警察映画のパイオニア。

返信する

004 2019/08/25(日) 16:01:33 ID:/RjnpmtEKE
短命な人造人間の悲哀を描くためにあそこまで
凝りまくったコンセプトを作り込む執念が異常

ヒロインはド素人で緊張していたらしいが
ハリソンの「夜の演技指導」で乗り切った
そうで、それを踏まえ観賞すると深みが増す

後半には演技を超えた感情が画面を濡らしていた

ハリソンの共演者喰いは病的でレイヤ姫とも
散々やりまくったらしいから「凄い」の一言

返信する

005 2019/08/25(日) 18:55:10 ID:WMcKA.G7eI
ファイナルカットって特に面白くないんだよな。
5枚組だったかに収録されてる古い日本語吹き替え版が一番分かり易くて面白い。

返信する

006 2019/08/25(日) 20:23:55 ID:RR/Njr363k
ショーン・ヤングが実は男!
というのはエース・ベンチュラだった

返信する

007 2019/08/25(日) 23:22:48 ID:z5mDfQD3b6
未来の話の筈なのに、'80年代初頭の風俗がにじみ出てしまっているところが面白い。
今となってはそこが一番の見どころ。

返信する

008 2019/08/26(月) 15:40:13 ID:wnku2sgQes
>>7
そうなんだよね。
携帯電話も無いし、TV電話やパソコンのモニターはCRTなのだ。
そういう小道具をその当時の感覚で設定してしまうとすぐに陳腐化するよな。

返信する

009 2019/08/26(月) 17:42:47 ID:YQoECcnN7k
ブラウン管の消滅を見込んでつくった昔のSF映画ってあんの?

返信する

010 2019/08/26(月) 20:10:38 ID:wnku2sgQes
>>9
「サンダーバード」の肖像画は間違いなく液晶画面だ。(笑)
逆に未来もCRTが使い続けられると確信して大失敗したのが「JM」の脚本。
CRTから発生する電磁波が難病の原因だったという設定なのだ。 確かにCRT
全盛の頃はその懸念があり、電磁波を遮断するエプロンなどが商品化されていた。

返信する

011 2019/08/28(水) 21:35:45 ID:C5G20Jtqho
音声認識+座標+立体的写真のシーン、好き。
いまでもこのアイデアは古くない気がする。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:3 KB 有効レス数:10 削除レス数:1





映画掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:ブレードランナー ファイナル・カット

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)